セラミックヒーターでやけど?火事や一酸化炭素中毒などの危険とは?

セラミックヒーター

冬場になくてはならない暖房ですが、ヒーターやストーブはやけど、火事、一酸化炭素中毒などの危険があります。

特に、火事と一酸化炭素中毒は死に繋がるので、非常に危険です。

これらは基本的に火を使う暖房で起こります。

では、燃料を使わず、火を出さないセラミックヒーターにやけどや火事、一酸化炭素中毒の危険はないのでしょうか?

この記事には、セラミックヒーターの危険性について調査した内容をまとめました。

セラミックヒーターはやけどや火事の危険は?

 

 

セラミックヒーターは火を使いません。

使いませんが、やけどや火事の危険があります。

例えば、高出力にして、近くで暖房に当たり続けた場合にはやけどしますし、コンセントやケーブルから漏電すれば火事の危険があります。
また、燃えやすいものが接触していた場合や、スプレーなどの危険物が近くにあると、熱による爆発の危険があります。

セラミックヒーターを使用する時は周囲の環境に注意して使用しましょう。

また、動物を飼っていたり、小さな子供がいる場合、駆け回ってセラミックヒーターを倒してしまう可能性があります。大変危険です。
ちょっと目を離した隙にやけどしてしまうなんて事もありえます。

そういった環境の方には、倒れた時に自動で電源が切れるタイプや、人感センサーがついているタイプのセラミックヒーターをおすすめします。

万が一倒れたまま気がつかなくても、やけどや火事の心配がなくて安心です。

セラミックヒーターを使うときに一酸化炭素中毒の注意は必須?

 

 

では、一酸化炭素中毒の危険はあるのかというと、一切ありません。

そもそも、一酸化炭素というのは不完全燃焼した際に発生するものです。

何かを燃やさなければ作れません。

セラミックヒーターは、セラミックに電気を通して温度を上昇さて、温風を出しています。

セラミックを燃やしているわけでもなければ、他に燃料を使っているわけでもありません。

なので、一酸化炭素が発生しないのです。

うっかり換気を忘れて気分が悪くなる、なんて事もありませんし、環境に優しいです。

燃料を使うタイプの暖房だと、一酸化炭素中毒を起こさないようにするために換気をしなければなりません。

手間がかかりますし、換気をするたびに温めた空気を逃してしまうことになります。

狭い部屋ほどこまめな換気が必要なので、無駄が多くなります。

セラミックヒーターならば一酸化炭素中毒の心配がないため、そういった無駄がありません。

部屋が小さく、スペースが少ない部屋でも、コンパクトなセラミックヒーターを選べば、スペースも取らないですし、とても使い勝手がいいです。

まとめ

やけど、火事には注意が必要ですが、一酸化炭素中毒に注意する必要はありません。

倒してしまった時に自動で電源が切れるセラミックヒーターを選ぶと安心です。

おすすめはモダンデコの「mdht-001」です。

倒れたら自動で電源が切れますし、人感センサーやチャイルドロックも付いているのでお子さんがいたずらしようとしても安心です。

しかも、楽天のストーブ・ヒーター部門1位と総合ランキングデイリー1位を取っている商品ですので、性能も良いですし、口コミや評価も非常に良いです。

一部口コミをご紹介します。

 

Kさん ★★★★★

「本当におすすめです。

すぐ暖かくなるし、安全だし。人感センサーもあるし、最高です!」

Yさん ★★★★★

「トイレが寒すぎてコンパクトなものを探してました。似たようなものもありますが、木目調のデザインに惹かれて購入!!

すぐ温まるし、人感センサーで切り忘れ防止もついてるのでトイレに持ってこいです。」

 

今なら送料無料です。(北海道、東北地方、沖縄、離島は別途送料がかかります)

ネットの価格は変動するので、在庫に余裕がある今のうちに購入しないと、価格が高くなる可能性があります。

すでに予約必須のカラーも出てきてます。

購入するなら今のうちに購入してしまいましょう。

楽天市場ならポイントも貯まるので、楽天市場での購入がおすすめです!

 

タイトルとURLをコピーしました