空気清浄機は意味ないと思っていたがQOLが上がった!10、20畳でも体感できる?

空気清浄機 qol 空気清浄機

空気清浄機は、人間の目に見えない細かな微粒子を吸い込んで部屋の空気をきれいにするため、効果がないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、空気清浄機のパワーというのはとても凄く、目に見えるホコリから全く目にすることができない粉塵や花粉、ウイルスまでもをしっかりと吸い込みます。

そのため、空気清浄機を使用する場合と使用しない場合では、部屋の空気のきれいさや快適さが格段に違ってくるのです。

実際に、最近では花粉症に羅患する方が増え、空気清浄機を部屋や玄関に置かれる人が多くなりました。

さらにウイルス対策をする方も多くなり、予防策として空気清浄機を部屋に置く人も増えています。

家庭だけでなく、病院などでもウイルスを拡散させないために空気清浄機を設置しているところも少なくありません。

このように、空気清浄機を置くことでさまざまな微粒子をしっかりとキャッチし、人間の体への害を減らすことができるのです。

筆者も重度の花粉症ですが、空気清浄機を常時付けている場合と付けていない場合では、症状が明確に異なり、空気清浄機を手放すことができないと感じている程です。

筆者だけでなく、この空気清浄機によってQOL(Quality Of Life)が改善されたと感じている方も多くいらっしゃると思います。

そこでここからは、空気清浄機によってQOLがどのように上がるのか、そしてどれくらいの面積であれば適切に空気清浄機が力を発揮するのかをご説明していきたいと思います。

空気清浄機の設置についてお悩み中の方は参考にしてみてくださいね。

空気清浄機は意味ない?QOLが上がった人の体感は?

 

 

空気清浄機の最大のメリットは、目に見えない細かなホコリや、ウイルスや花粉などをしっかりと吸引してくれるということです。

部屋に置くだけで、自然に部屋の空気をきれいにしてくれるので毎日快適に過ごすことができます。

最近の空気清浄機はコンパクトなサイズやシンプルでスタイリッシュなデザインのものも多くなっただけでなく、以前よりも高機能になっており、より細かな微粒子までもをしっかりと吸い取ってくれます。

近年問題になっているPM2.5など、人間の体に害を及ぼす原因になる物質もしっかりと吸い取ってくれるものもあるので、健康被害も減らすことができるようです。

さらに空気清浄機には、加湿機能がついている加湿空気清浄機も多く見られるようになり、これを使用することで空気清浄だけでなく、部屋の加湿を同時に行うことができます。

空気清浄機で部屋をきれいにし、加湿器で空気の乾燥を防ぐことができるので、この2つが一緒になっているのは、とても便利ですね。

では、実際にこの加湿空気清浄機を使用することでQOLがどの位変化するのでしょうか。

さらに、どのように空気の変化を体感しているのでしょうか。

ネット上の口コミ

・花粉症の時期に使用するようになってから、花粉症の症状が軽減された

・インフルエンザが流行している時期に使用したらインフルエンザにかからなかった

・高速道路が近くにある部屋に住んでいたときに空気清浄機を使用することでホコリっぽさが減った

こういった内容の口コミが多く見られました。

さらに加湿機能も備わっている加湿空気清浄機を利用している人は、

「暖房を付けていても加湿されているので、喉がカラカラにならない」

という感想もありました。

このように空気清浄機を使用することで、QOLに変化が出たり、変化を体で感じている方が多く見られるようです。

空気清浄も加湿も目では見えないですが、使用することで何か変化があることは確かなようですね。

空気清浄機は10畳まで?20畳でも体感は得れる?

 

 

空気清浄機には、適用床面積があるのをご存知でしょうか?

これは、使用する空気清浄機がどれくらいの床面積の部屋に適用できるかという目安を表しているものです。

この適用床面積に合う空気清浄機を使用することで、短い時間で快適な空間を作ることができます。

ここで注意しておきたいことは、適用床面積に合っていない空気清浄機でも使用は可能だということです。

どれくらいの時間で部屋をきれいにしたいか、弱中強などどのモードを選んで使用するかなどによって空気清浄にかかる時間やパワーが異なってくるので自分の理想の空気清浄の仕方に合わせればよいでしょう。

例えば、通常モードで30分以内で空気清浄を行いたいという方は、適用床面積に合うものを選べば十分です。

しかし、10分以内に部屋をきれいにしたいなどと空気清浄にかける時間を短くしたい方は、適用床面積が少し大きめな空気清浄機を選びましょう。

自分の部屋よりも大きい面積の部屋で使用できるタイプの空気清浄機を選ぶことで、より空気清浄を早くすることができます。

さらにモードを強めにし、空気清浄を早めることも可能です。

では、空気清浄機は一体何畳まで使用することができるのでしょうか。

これは、各メーカーの空気清浄機によって異なります。

10畳未満の部屋に適応できるものもあれば、20畳以上の広い部屋に適応できるものもあります。

「20畳以上の部屋に置くには複数台置かなければ意味はないの?」

とご心配の方もいらっしゃるかもしれませんが、適用床面積をチェックし、20畳以上の適用床面積のものを購入すれば1台で済みますので、購入の際はチェックを忘れずにしてくださいね。

適用床面積が広い程、空気清浄機本体の大きさが大きめになる傾向があるので、小さめの部屋に適用床面積の大きい空気清浄機を置く場合はかさばってしまうことがあります。

注意して選ぶようにしましょう。

まとめ

空気清浄機を使用するとQOLが改善されることが多いことが分かっていただけたと思います。

さらに、部屋の大きさに合った空気清浄機を置くことで、きちんと効果が得られることも理解していただけたのではないでしょうか。

では実際に購入を検討する際には、どの空気清浄機を選べばよいのか悩みませんか?

さまざまなメーカーから発売されており、機能も価格もさまざまでどれを選べばよいのか、見つけることが難しいですよね。

そういった方におすすめなのは、「シャープ加湿空気清浄機KC-30T6」です。

この「シャープ加湿空気清浄機KC-30T6」は、現在楽天で空気清浄機ランキング1位を獲得している人気商品なのです。

この「シャープ加湿空気清浄機KC-30T6」は、プラズマクラスター機能がついていることが最大の特徴といえるでしょう。

花粉よりも微粒子であるPM2.5までもしっかりとキャッチします。

さらにパワー浄化ボタンがついており、一気にホコリや花粉などを集めて吸い込む時間を短縮することが可能です。

フィルターに関しても優れており、脱臭フィルターはホルムアルデヒドなども低減するほど高機能になっています。

さらに加湿機能も備わっているため、乾燥しやすい冬にも最適です。

こういった機能性が多くの方に支持され、楽天の空気清浄機ランキングでも高い評価を得ているようです。

楽天で「シャープ加湿空気清浄機KC-30T6」を購入すれば、送料無料であることも高い評価を受けている理由の一つでしょう。

カラーはホワイトとブラックがあり、とてもシンプルなデザインで部屋にも馴染みやすいので部屋のコーディネートに困ることがないのがうれしいですね。

ぜひ加湿空気清浄機の購入を検討している方は、「シャープ加湿空気清浄機KC-30T6」を使用し、部屋を快適な空間にしてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました